電気のこれからを考える「場」

「ヒューズが飛んだ」というけど、ヒューズって何?

皆さんも、ご家庭の電気が、停電で突然消えてしまうという経験をされたことがあるかと思います。そんなときに分電盤の「ヒューズが飛んだ」という言い方をする方も多いのではないでしょうか?
でも、実は現在ご家庭で使われている多くの分電盤の中には、ヒューズはもう存在していません。ヒューズというのは、正確には「電力ヒューズ」と言って、かつて分電盤に設置されていた合金製の電気部品。許容電流を超えると合金部分が溶解し、電気を遮断します。そのヒューズも分電盤の進化とともに、今は安全ブレーカーがその役割を担っています。

家庭の電気を、正しく安全に使うための分電盤の役割

分電盤には、2つの大切な役割があります。1つは、契約されたアンペア数の範囲で使われているかを監視する役目。もう1つは、漏電していないかを監視することです。
その中でも安全ブレーカーは、分電盤から各部屋へ電気を送る分岐回路に一つひとつ取り付けられている機器。ご家庭のそれぞれの部屋でお使いの電気製品やコードに異常が起きたとき、また使い過ぎて過電流が流れた場合に、電気を自動的に遮断します。
今も古くからの分電盤を大切にお使いのご家庭では、安全器がついていて、中にヒューズが設置されていることがあります。電気製品などに異常があると、安全器のヒューズが切れて電気が遮断されます。その場合は、ヒューズ交換が必要になるので、電気工事店さんなどの専門家に交換を依頼してください。

「ヒューズ」がない家庭でも、名残りとして言葉が残っているんですね

ブレーカーが切れたらどうしたらいいの?

雨や台風の多いこの季節は、大雨や雷が原因で、停電が起きることがあります。そんなときは、分電盤の中を確認してみてください。漏電ブレーカー(漏電遮断器)が切れている場合は、ご家庭のどこかで漏電している可能性があります。漏電ブレーカーは、電気の配線や電気器具が漏電したときに、電気の供給を遮断して、安全を守ってくれる装置。
大雨や台風のときに漏電ブレーカーが切れたときは、激しい風雨で屋外コンセントに雨がかかって、漏電していることもあります。
また、洗濯機やエアコンなど、水や湿気で濡れる可能性のある電気器具の故障で、漏電ブレーカーが切れることもあります。

漏電ブレーカーが切れたら、原因の特定を

漏電ブレーカーが切れていることを確認したら、まず最初にやることは、家のどこで漏電が起きているかを特定すること。そのために、漏電ブレーカーのスイッチが切れている状態のままで、安全ブレーカーのスイッチをいったん全部切ります。その上で、漏電ブレーカーのスイッチを入れ、次に安全ブレーカーのスイッチを一つずつ入れていきます。すると、どれか一つのスイッチを入れたときに、漏電ブレーカーが切れる箇所が見つかり、そのスイッチ(回路)が漏電している場所であることが分かります。漏電している場所が特定できたら、そのスイッチだけを「切」にしてください。「切」にした回路は配線、または電気器具の不良が考えられます。お近くの電気工事店さんへご連絡ください。

操作の手順を覚えているといざというときも、慌てずに済んで安心です

電気に関して「聞いてみたい」ご質問を、
下記の「ご意見・ご感想・ご質問」より、お寄せください。

このページの先頭へ

Copyright(c) CHUBU Electric Power Co.,lnc. All Rights Reserved.