HOME > トップインタビュー > 世界最高水準の安全性を目指す浜岡原子力発電所
一つ前に戻る
トップインタビュー
トップインタビューイメージ

世界最高水準の安全性を目指す浜岡原子力発電所

中部電力の安全性向上の取り組みは、東日本大震災を受けてスタートしたわけではなく、震災以前から、常に最新の知見を踏まえた安全性向上に取り組んできた。さらに震災後も福島第一原子力発電所の事故(以下、福島事故)を踏まえ、津波対策や重大事故対策を自主的に進めるとともに、新規制基準を踏まえた対策を行い、安全性の一層の向上に取り組んでいる。地元静岡出身のフリーアナウンサー・長谷川玲子さんが、その現状と課題について、浜岡の現場で水野明久社長に聞く。
中部電力 代表取締役社長 水野 明久
(みずの・あきひさ)愛知県出身。
東京大学大学院工学系研究科土木工学専攻修了後、1978年に中部電力入社。’94年に世界銀行に出向。’96年土木建築部技術グループ主幹として発電所の建設などに携わる。その後、2001年に経営戦略本部国際部部長になり、’08年取締役専務執行役員経営戦略本部長、’09年代表取締役副社長執行役員に就任。’10年6月から現職。
フリーアナウンサー/舎鐘(しゃべる)理事長 長谷川 玲子
(はせがわ・れいこ)静岡県出身。
静岡県立大学国際関係学部卒業。SBS静岡放送に入社し、アナウンサー、報道記者として9年間勤務。独立後、フリーアナウンサー協同組合舎鐘設立。2012年早稲田大学大学院公共経営研究科を修了。テレビ、ラジオに出演する他にも講演会、シンポジウムなどで幅広く活躍中。

長谷川 今日は、浜岡原子力発電所(以下、浜岡)で、実際に安全性向上に取り組まれている現場を見せていただきました。東日本大震災後、2011年5月から浜岡が停止していますが、その後、大規模な停電もなく、電力供給に支障が出ていないため、浜岡は不要ではないかという声もあるようですが、いかがでしょうか。
水野 実際には、停電などでお客さまにご迷惑をおかけしないよう、火力発電の定期点検を繰り延べたり、老朽化した火力発電所までも総動員するなど、非常事態のもと、何とか安定供給を維持しているというのが実状です。
エネルギー資源が乏しい日本では、化石燃料を輸入に頼らざるを得ないわけですが、価格変動や政情不安な地域への調達先の依存など、さまざまなリスクがあります。
また、原子力発電の発電コストに占める燃料費の割合は火力発電に比べて圧倒的に小さく、燃料単価や為替の上下動などの影響を受けにくいことから、安価で安定した電気料金を維持できると考えます。
さらに、二酸化炭素の排出量の抑制など地球温暖化問題への対応も国際的課題です。
特に、ものづくりの集積地帯である中部地域では“安価で安定、質の高い電気を供給してほしい”という強いご要望をいただいています。
’14年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画では、原子力発電は「エネルギー需給構造の安定性に寄与する重要なベースロード電源」と位置づけられています。安全確保と、お客さまからの信頼が大前提ですが、「安定供給」「経済性」「環境保全」を同時に達成するという観点から、浜岡も重要な電源として引き続き活用していくことが不可欠だと考えています。

世界最高水準の安全性を目指す浜岡原子力発電所の画像

防波壁には高さだけではなく、地震や津波に十分耐える強度が求められる。基礎の掘削は深いところで地下30mに及ぶ。

このページの先頭へ
全機停止後、今も続く非常事態。原子力発電はベースロード電源として不可欠
自らの責任において、ハードとソフトの両面で、安全性のさらなる向上へ

長谷川 日本のエネルギー事情を考えると、浜岡は欠かせない電源だということですね。それでは、安全性向上の基本的な考え方についてお聞かせください。
水野 当発電所があるこの地域は、100年から150年の間隔でマグニチュード8クラスのプレート間地震が発生していることが知られています。そのため、余裕を持った耐震設計としています。その後も、耐震性を高める工事を順次実施するなど、より厳しい目標に対して安全対策を積み重ねてきました。このように、もともと自主的に安全性向上を図ってきた経緯があります。
東日本大震災後においても、常に最新の知見をもとに、「できることは全てやり切る」という覚悟で、何重にも対策を施して安全性を向上させています。

長谷川 自主的に安全性向上を追求し続けてきた歴史があるわけですね。ただ、文明がこれだけ発展しても、まだまだ人智の及ばないことがあるのではないでしょうか。
水野 どんなことが起こり得るのかを常日頃から想像力を発揮し、対策や訓練にフィードバックさせています。浜岡では、重大事故には至らないよう地震対策や津波対策を徹底して行っていますが、それでも、もし何らかの理由で燃料が溶けるような万が一の重大事故に至った場合も想定しています。放射性物質の大規模な放出を防止できるように「フィルタベント」という設備を新たに設置し、周辺環境への影響を最小限に抑える対策を強化しているところです。

フリーアナウンサー/舎鐘(しゃべる)理事長 長谷川 玲子
中部電力 代表取締役社長 水野 明久

長谷川 浜岡では、ハード面は何重にも対策を重ねるということですが、ソフト面の訓練などはどのようになさっているのですか。
水野 設備対策を幾重にも追加して、安全性を向上させても、やはり操作するのは人間ですので、いざというときの対応力を向上させるための日々の訓練が非常に大切になります。
防災訓練は当社だけではなく、当発電所に関わる協力会社の人たちとも連携して実施しています。他にも自治体と連携した合同訓練など、いろいろなパターンの訓練を行ってきています。小さな訓練も含め、我々が実施する訓練は年間600回を超えますが、訓練に終わりはなく、熟練するための機会を少しでも多く積み重ねることで、災害対応力の向上につなげています。
長谷川 今日は5号機の中央制御室を模擬したシミュレーション設備を見学させていただきました。停止中の今でも、こうした設備で訓練を行っていることに驚きました。
水野 原子力発電所の運転に携わる者の現場力をいかに高いレベルで保ち続けるか、あるいはさらに高めていくかも重要な課題です。自らの想像を超えるようなレベルまで踏み込んで、さらなる安全性向上につなげる発想力を持つとともに、貪欲に安全性を追求する取り組み姿勢を身に付けていきたいと考えています。

このページの先頭へ
世界最高水準の安全性を目指す浜岡原子力発電所の画像

事故発生時の指令所となる「緊急時対策所」。

このページの先頭へ
社内外の知見を総動員して、世界に誇れる安全性を目指す
浜岡1号機の廃止措置を通じ、世界に貢献したい

長谷川 世界に誇れる安全性向上の取り組みの一環として、廃止措置中の浜岡1号機を活用して、国際貢献につながる取り組みをされるそうですね。
水野 はい。当発電所の1、2号機は国内の商業用軽水炉で初めて廃止措置に入りました。国際的な権威である国際原子力機関(IAEA)や米国電力研究所(EPRI)と共同で、廃炉を通じた技術研究・調査を進めています。運転中では確認することが難しい原子炉圧力容器や原子炉格納容器の材料特性、経年劣化の具合や放射能の分布状況を調べられるというのは、世界的にも数少ないプロジェクトなので、大きな価値があると思います。その成果は、廃止措置の合理化・効率化だけでなく、世界の原子力発電所の長期安全運転のための知見としてお役に立てるものだと考えています。

長谷川 グローバルなお話ですね。一方、身近な話題として、発電で使い終えた燃料を貯蔵する「乾式貯蔵施設」を浜岡の敷地内に建設することを計画されているそうですね。静岡県に住む私としては気になります。
水野 発電で使い終えた燃料(使用済燃料)を、現在は原子炉建屋にある燃料プールの水の中で冷却しながら貯蔵していますが、今後は、浜岡の敷地内に新たに設置する乾式貯蔵施設も活用して貯蔵する計画です。この施設は、使用済燃料を、放射線を遮へいする金属キャスクと呼ばれる容器に入れ、空気の自然循環で冷やしながら貯蔵するものです。’18年度の使用開始を予定しており、原子炉設置変更許可申請を1月末に行ったところです。
使用済燃料は青森県六ケ所村の再処理工場に搬出して、再処理を行うことが前提ですが、それまでの間は、事業者として責任を持って貯蔵・管理しておくために建設するものです。
この施設についても、地元をはじめ皆さまにご理解をいただけるように丁寧にご説明していきます。

心と力をひとつに 安全と安心の原子力発電所を 浜岡から世界へ

このスローガンには、浜岡で働く全従業員が一丸となって世界最高水準の安全性を高めるという強い思いが込められている。

このページの先頭へ
見学、対話の場を重ね、地域の皆さまとの双方向コミュニケーションを図る

長谷川 今後に向けての課題をお聞かせください。
水野 当社としては、必要な安全性向上の取り組みを徹底的にやり切るとともに、原子力規制委員会による適合性審査に関しては、新規制基準に適合していることを確認いただけるよう、真摯に対応していきます。
さらに、原子力の自主的・継続的な安全性向上に力を入れていきます。これまで「中部電力グループ原子力安全憲章」を制定して、福島事故のような重大な原子力事故を起こさないという決意を改めて誓うとともに、社外の有識者からなる「中部電力原子力安全向上会議アドバイザリーボード」を設置しました。ガバナンスの強化の一環として、私をトップとする「原子力安全向上会議」を立ち上げました。その会議での議論の状況をアドバイザリーボードにご報告し、さまざまなご助言や提言をいただく体制を整えています。
また、皆さまとのコミュニケーションをこれまで以上にしっかり深めていくことが重要だと認識しています。’15年1月に「コミュニケーション推進グループ」という組織を新設しました。お客さまとの接点をもっと増やし、リスクを含めた情報を、地域や関係者の皆さまに分かりやすくお伝えするとともに、皆さまの不安や疑問に真摯に耳を傾け、丁寧にお応えする双方向のコミュニケーションにこれまで以上に力を入れていきます。
長谷川 やはり地域の方々に理解を深めていただくことが大事だと思いますが、水野社長のお話の中に、よく“地域とともに”という言葉が出てきます。具体的な取り組みについてお聞かせください。
水野 安全性向上対策工事の内容については、地域の皆さまにさまざまな場でご説明させていただいています。発電所立地自治体(御前崎市)および隣接する3市(牧之原市・掛川市・菊川市)の皆さまに説明用のダイレクトメールをお送りし、ご要望やご質問があったお客さまのお宅を訪問し、直接対話をさせていただいています。
“百聞は一見に如かず”ではありませんが、当発電所を多くの方々に見学していただく機会を増やしているところで、’13年度は静岡県や近隣県を中心に、約3万3千人の方に浜岡をご見学いただきました。現場を見ていただくことは非常に大切なことだと考えており、今後も継続していきます。
長谷川 こうした取り組みは、地域の方との双方向のコミュニケーションにもなると思います。ところで、発電所のスローガンは、皆さんでお決めになったそうですね。
水野 「心と力をひとつに 安全と安心の原子力発電所を浜岡から世界へ」というスローガンとロゴマークは、当社と協力会社の従業員からの提案で決まりました。設備をつくれば終わりではなく、実際に動かす人材こそが一番大切と考えています。全員が一丸となって、世界最高水準の安全性の高い発電所を目指して、あらゆる努力を惜しむことなく全力で取り組んでいきます。

このページの先頭へ

Q&Aカテゴリーごとにご覧いただけます。 Category

冊子「場」のご請求、ご意見・ご感想・ご質問をお待ちしております。 Back number & Contact