電気のこれからを考える「場」

トップインタビューイメージ

地球環境に配慮した
良質なエネルギーを安全・安価で
安定的にお届けするために

総合エネルギー企業グループを目指す中部電力にとって低炭素社会の実現など、環境問題への取り組みは重要課題のひとつ。これまでも地域や産官学と連携を図りながら地道な活動を継続してきた。経営環境が激変する中、中部電力はどのように環境保全に取り組もうとしているのか、環境・立地部の橋本当矢部長にフリーアナウンサーの長谷川玲子さんが聞いた。

フリーアナウンサー/舎鐘(しゃべる)代表取締役長谷川 玲子
(はせがわ・れいこ)静岡県出身。
静岡県立大学国際関係学部卒業。SBS静岡放送に入社し、アナウンサー、報道記者として9年間勤務。独立後、フリーアナウンサー協同組合舎鐘設立(2015年4月株式会社に改組)。’12年早稲田大学大学院公共経営研究科を修了。講演会、シンポジウムなどでも幅広く活躍中。
中部電力 環境・立地部長橋本 当矢
(はしもと・まさや)京都府出身。
慶應義塾大学法学部卒業後、1984年中部電力入社。2009年環境・立地本部立地部立地グループ長と、主に立地・用地部門を歩む。’15年環境・立地本部立地部長、’16年4月より現職。「自分らしく」がモットー。

今まで築き上げた人と人との
「絆」「信頼関係」をいかに守り深めていくか ──。

長谷川 これまでの業務を振り返り、印象に残っているお仕事は何ですか。

橋本 会社生活の半分以上は火力発電所のリプレース(建て替え)などに伴う立地業務、および変電所や送電線の新設・増強などに伴う用地業務などの現場に携わってきました。特に、現在も携わっている立地分野の仕事では、火力発電所が臨海部に立地しているので、立地地域の皆さまだけではなく、漁業に従事されている方々をはじめ、いろいろな方との出会いがありました。厳しいお叱りを受けることもあれば、優しい声をかけていただくこともありました。そのときの体験から、地域を心から好きになること、そして人と人との「絆」「信頼関係」を構築し、いかに守り深めていくかが、私どもが事業を行っていくうえで、何より大事だということを学びました。「お前が言うなら仕方がない」と言われたときには、この仕事をやってきて、本当に良かったと嬉しさもひとしおでした。相手の立場になって物事を考え、相手への気遣い、思いやりを学ぶことができたのも立地業務を経験させていただけたおかげだと思っています。
一方、環境分野の仕事においても、お客さま・行政・地域社会との信頼関係なくして業務を遂行することはできません。人とのつながりが、経営環境の強化という点でも重要だと考えています。

環境問題に取り組みつつ
安定供給の使命を果たすには「S+3E」の実現が不可欠

長谷川 環境問題に取り組むうえでの方針についてお聞かせください。

橋本 総合エネルギー企業グループを目指す中部電力グループ全体にとって、環境問題は重要な使命のひとつだと考えています。2011年の3月に定めた「中部電力グループ環境基本方針」のなかで、「1.低炭素社会の実現」「2.自然との共生」「3.循環型社会の実現」「4.地域や世界との連携強化」という4つの柱を掲げ、現在、具体的な行動目標となるアクションプランを策定し、地球環境保全に向けた取り組みを展開しています。

長谷川 その方針を踏まえ、環境保全や安定供給という課題をどのようにとらえていますか。

橋本 資源の乏しい日本で、地球環境に配慮しながら良質で安価な電気を、お客さまに安定的に供給するためには「S+3E」、つまり安全性(S)の確保を前提に、安定供給、経済性、環境適合の3つのEを同時達成することが求められます。そのためには多様なエネルギー源の組み合わせが必要であり、国が掲げた電源構成を踏まえ、バランスのとれたエネルギーミックスの実現が課題です(図1参照)。
東日本大震災以降、浜岡原子力発電所が停止している中、発電量の約9割を火力発電でまかなっています。そのような中、火力依存が続くかぎり、環境面でも、二酸化炭素(CO)排出量の増加が懸念されます。火力発電の高効率化、再生可能エネルギーの導入拡大などでCOの排出抑制を図っているものの、先行きは厳しいといわざるを得ません。

S+3E・国のエネルギーミックス(2030年度)【図1】

地域や世界と連携して環境保全に努めていくには
人材育成が重要なカギ。

4つの柱の実現に向けた具体的な取り組みとは

長谷川 基本方針に沿ってお話をお伺いすると、「1.低炭素社会の実現」に向けて、どのように取り組まれていますか。

橋本 現実的な取り組みとしては、既設の火力発電所を高効率の最新設備に建て替えることによって、COの排出削減、エネルギー効率の向上に取り組んでいます。
例えば、西名古屋火力発電所7号系列では、効率が低かった設備を世界最高水準の高効率発電方式に切り替えるリフレッシュ工事を進めており、7-1号が’17年9月、7-2号が’18年3月に営業運転を開始する予定です。液化天然ガス(LNG)を燃料に、ガスと蒸気のタービン発電機を組み合わせた「コンバインドサイクル発電方式」を採用することによって、62%程度という世界最高水準の熱効率を実現し、これにより年間140万トンものCO削減となる見込みです。
同時に、武豊火力発電所5号機を高効率の発電設備にリプレースする計画も進行中で、’21年度の営業運転を目指しています。安定供給や経済性に優れた石炭を燃料とする最新鋭の発電設備を導入するなどCO排出量が大幅に増加することがないように配慮しています。
また、低炭素社会の実現に関しては、国内全体で取り組む課題です。’16年2月には、電気事業者が一体となって、低炭素社会の実現を目指す「電気事業低炭素社会協議会」が設立されました(’17年2月時点で42社参加)。電気事業に携わる全ての事業者が汗を流して、毎年PDCAを回すことで、削減目標(図2参照)を達成していきたいと思っています。

中部電力のCO2排出量と排出原単位の推移・見通し(実排出ベース)【図2】

長谷川 「2.自然との共生」についてはいかがでしょうか。

橋本 当社は火力発電の比率が高いため、環境保全対策の一環として、大気汚染の要因となる硫黄(いおう)酸化物や窒素酸化物の排出削減を推進しており、世界で最も優れた水準を実現していると自負しています。
また、発電所を建設する際には、法律で定められた環境アセスメントに基づき、動植物の現地調査を行い、発電所の建設後も生態系に影響がないか確認しています。さらに地域の植物生態と調和した発電所での緑地整備、加えて森林保全への支援などによって生物多様性の維持にも努めています。

長谷川 「3.循環型社会の実現」のためには、どのような活動をされていますか。

橋本 廃棄物の社外埋立処分率を1%未満にする目標を立て、廃棄物の発生抑制、再使用、再生利用に取り組んでいます。現在、石炭火力発電所から排出される石炭灰(石炭を燃焼する際に生じる灰の一種)が当社の廃棄物の約7割を占めていますが、これをセメント原料に活用するなどして有効利用を図っています。

長谷川 「4.地域や世界との連携強化」という点については具体的にどのような取り組みをしているのでしょうか。

橋本 中部電力グループとして、環境に配慮した行動を自発的にできる人材育成、および環境エネルギーに関する社会貢献や教育活動に積極的に取り組んでいます(図3参照)。

地域・世界と連携した環境保全活動を展開【図3】

長谷川 そうした活動に参加した方から、どのような反響がありましたか。

橋本 例えば、「ちゅうでんフォレスター」の習得者からは、「ここで学んだ知識を生かして間伐ボランティアとして環境保全活動に関わりたい」、ECOポイント活動の一環で、絶滅の危機にあるアカウミガメ保護活動の参加者からは「子ガメを放流した貴重な体験が忘れられない」など、反響はさまざまです。こうした声は、取り組みを推進するうえで大きな励みとなっています。

アカウミガメの保護活動

「ECOポイント活動」の一環として行われた、アカウミガメの保護活動。

記念植樹

「ECOポイント活動」の10周年目に行われた記念植樹。

S+3Eの実現には原子力の活用が重要

長谷川 今後の課題についてお聞かせください。

橋本 安全、安価な電気を安定してお届けする使命を守りつつ、低炭素社会を実現するためには、多様な電源を組み合わせることが重要です。エネルギー資源が乏しい日本にとっては、安全確保を大前提に、地域の皆さまのご理解を得て、原子力発電を活用していくことが重要だと考えます。こうした環境活動をはじめ、お客さまとの対話活動の中でも当社の浜岡原子力発電所の必要性・安全性を丁寧にご説明し、少しでも多くの方々にご理解と信頼をいただけるよう汗を流してまいります。

長谷川玲子 橋本当矢

文・構成/松本稔 撮影/加藤有紀

pagetop

Copyright(c) CHUBU Electric Power Co.,lnc. All Rights Reserved.